三越伊勢丹でほけん

携帯・PHS OK通話料無料0120-366-526
受付時間:午前10時〜午後6時 年始を除く

保険ブログ:保険に関するお役立ちブログ

保険ブログ

保険に関するお役立ちブログ

自動車保険にはドライブレコーダーを活用した保険があります!

昨今のニュースで、自動車事故が多く報道されています。
万が一の事故に備えた運転中のサポート「ドライブレコーダー」。
もしもの事故の時にも安心の機能を備えてはいかがでしょうか。

万が一事故にあった際に役立つドライブレコーダー。

事故にはもちろんあわないほうがいいですよね。
万が一、事故にあってしまったら、ケガ人の有無、警察の事故証明、当事者の過失状況確認・・・など、さまざまな対応をしなければなりません。
加えて、当事者としては大変動揺してしまい、何をどうしたのかもよく覚えていないことも多いかと思います。このような状況になった際に、役立つのは最近需要が増えてきているドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーを選ぶポイント。

ドライブレコーダーを選ぶにあたっては、以下のポイントをおさえると良いと言われています。

【ポイント】
①広く撮れるか  ②キレイに撮れるか  ③明るく撮れるか

①範囲は広く撮れるか
 市販のドライブレコーダーは大きく、3種類のタイプに分かれています。
 A)フロントカメラタイプは、一般的ですが、視野の広いモデルで死角軽減がはかれます。
 B)前と後ろの2つのカメラで撮影をするタイプは、最近多いあおり運転対策に効果を発揮します。
 C)360度を撮影するタイプは、前後のカメラでは捕捉できない幅寄せ対策に効果を発揮します。

②画質はキレイに撮れるか
 画質の良さは、記録画素数で確認をしましょう。

③夜間も明るく撮れるか
 夜間機能付きモデルの場合、暗い場所でも明るく撮影ができます。

その他にも、最近では以下のような機能を持ったドライブレコーダーも販売されています。
 ●駐車監視機能
       ⇒駐車停止中でも録画が可能で、当て逃げ、駐車中のいたずらなどに威力を発揮します。
 
    ●安全運転支援機能
    ⇒前車との車間が詰まったり、車線をはみ出した走行をした際知らせてくれ、安全運転をサポートします。
 
    ●GPS機能
       ⇒自車の位置測定、走行速度を録画データと共に記録し、事故の状況説明に役立ちます。
 
    ●モニター付き
       ⇒録画した画像をその場ですぐに確認ができます。

最近は保険会社が貸与するドライブレコーダーも。

自動車を運転する方は、既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、任意の自動車保険にドライブレコーダーを貸し出ししてくれる特約があります。
自動車保険でドライブレコーダーを活用すれば、これまでの保険に加えて、安心で先進的な支援になります。
まだドライブレコーダーをお持ちでない方も、既にドライブレコーダーをお持ちの方も、改めてドライブレコーダーの活用方法を見直してみてはいかがでしょうか。

関連リンク
>>自動車保険