三越伊勢丹でほけん

保険ブログ:保険に関するお役立ちブログ

保険ブログ

保険に関するお役立ちブログ

夫婦型保険に加入されている方は、早めの見直しを!!

医療保険やがん保険には、「夫婦型」という商品があります。
一つの契約で夫婦2人分を保障するものです。一見、管理がしやすくお得なような感じがしますが、注意するべき点もあります。
今回は、「夫婦型」保険の特徴についてお話します。

夫婦型保険とは

最近は、販売されている保険会社もほとんどないかとは思いますが、そもそも、夫婦型保険とは、主契約に配偶者の保障が特約としてついている、夫婦一体型の保険です。
一つの保険で夫婦の保障があるのですが、配偶者の保障額は主契約の6割くらいのことが多いのが通常です。
(例えば、主契約の保障が日額5,000円の場合、配偶者の保障は日額3,000円ということになります。)

【メリット】
夫婦型のメリットは、なんといっても保険料の割安感です。
一つの保険で夫婦2人分の保障を持てるので、家計にとっては大助かりです。
また、保険証券も1つで済みますので保険管理もしやすくなります。

【デメリット】
夫婦型のデメリットは、主契約者(夫)が亡くなってしまうと保障が継続できなくなることです。(商品によっては継続できる場合もあります。)
例えば主契約者が夫の場合、夫が亡くなると妻の保障が無くなり、もし持病等があると新たに保険に加入することができず、無保険状態になる可能性もあります。
また、離婚した場合も同じ状況になります。
新たに加入できたとしても保険は契約時の年齢で保険料が決まりますので、保険料は以前に比べて高くなります。

これからは1人1保険がおすすめ

夫婦型保険は、総合的に考えると、デメリットの方が大きいと言えるでしょう。
保険料の割安感は魅力的ですが、保険は継続することではじめて、いざという時に役に立ちます。
夫婦一緒に生涯を終えられればよいですが、その可能性はとても低いのが現実です。
保険というのは、病気やけがの時の入院費や治療費を保障してくれるものでなければなりません。
ご主人や奥さまが先に亡くなって、自分の保障が無くなることがないように、自分の保障は自分で準備することが、いざという時には安心です。
これを機に、夫婦型で加入されている方は、お元気なうちに保険の見直しをおすすめします。

対面無料相談Web予約は⇒こちら

執筆者:株式会社 エムアイカード 保険担当