三越伊勢丹でほけん

保険ブログ:保険に関するお役立ちブログ

保険ブログ

保険に関するお役立ちブログ

教育資金は学資保険で準備する?

子どもの教育資金として学資保険を検討する方も多いと思います。
学資保険はどのような方が活用するとよいか、商品の選択のポイントを見ていきましょう。

学資保険をかける目的は?

学資保険(こども保険)は、将来の教育資金を準備することを目的として加入する保険です。

メリットとして、毎月の保険料を支払うことで計画的に教育資金の準備ができるということがあります。
また、親が死亡、所定の高度障害状態になった時に保険料の支払いが免除となるので、死亡保障の役割も備えています。

下記のような特約をつけることもできますが、特約分の保険料がかかりその分保険料は高くなるので、特約が必要かどうかは慎重に検討しましょう。

また、デメリットとしては途中解約をすると戻ってくる金額は支払った保険料以下になってしまう点や、契約時の予定利率は満期まで固定されるため、低い利率の時に契約をすると大きく増やすことができない点があります。

どのような人が学資保険に向いている?

教育資金の準備は、学資保険の他に預貯金や投資信託などで準備する方法もあります。

預貯金は、計画を立てコツコツと貯蓄ができる方向きの準備方法です。
元本割れはしないものの、大きく増えることもないので、できるだけ高い金利の銀行へ預け替えるなどの工夫が必要です。

投資信託などの運用商品の場合は、元本割れをすることもありますので、商品選択などの知識が必要となります。

学資保険は一度契約をすると、解約する以外は途中で引き出すことはできないので、強制的に予定額を貯めることができます。
貯蓄が苦手な方や忙しくて運用等に時間をかけられない方向きの準備方法です。

学資保険選び方のポイント

学資保険を選ぶときには、以下の点を確認して選びましょう。

■返戻率
返戻率は高いほど、支払った金額以上の満期金を受け取ることができます。
加入時の子どもや契約者の年齢が低い方が返戻率は高くなります。

■満期金の受け取り方
大学入学時に一括で受け取るタイプや中学や高校進学時に祝い金、大学在学中に分割で学資金を受け取るようなタイプもあります。
受け取る回数が少ないほど返戻率は高く、有利になります。

■保険料の払い込み期間
保険料の払い込み期間が短い方が返戻率は高くなります。
教育費負担は次第に重くなってきますので、15歳くらいまでに保険料の支払いを終えると良いでしょう。

学資保険は、教育資金準備の一つの方法です。
契約者が亡くなった時の保障の役割と強制的に貯蓄ができる仕組みがご家庭に合っている場合、加入を考えてみましょう。

文責:ファイナンシャル・プランナー 秋山友美

関連リンク

>>学資保険

>>教育資金どのくらいかかる?